MMORPG「トリックスター」のプレイ日記です。 プレイごとに書いてる・・・かも。。。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎の寄生生命体S
もう6月ですね。

【とりすた】
土曜日の活動記録。
今回はF鯖メインで活動しました。
現在、成長合成・精錬成功率UP中なので、
合成材料を集めて狐の装備を新調b
F鯖狐装備
短剣は残念な結果ですが、
他はまずまずの出来でしょう。

19時からYさんに誘われた(Yさん所属Gの)遠足があったので、
それまではモンクエをして時間潰し。。

暫くして時間になったので、集合場所の火山へ移動ノ
人見知りの激しい自分なので、馴染むまで時間が掛かりました・・・。
遠足
遠足に行くメンバーは、↓の6人で決定。
遠足に行くメンバー
目的地はタバスコF5(スパイシードラゴン・レア)でしたが、
皆さん強いので、難なく到着することが出来ましたb
道中
↑道中。

ボス部屋には既にスパが湧いていたので、
早速戦いを挑む皆さん。(私は端っこで応援||ω・)尸~''フレーフレー!!!)
||ω・)尸~''フレーフレー!!!
スパドラ討伐開始から10分。見事・・・
・・・に返り討ちにあいましたw
ヽ(ili゚ω。)ヘ ピクピク
(この後、ソロの牛さんがスパドラを美味しく頂きました。)

敗れた一行は、スパ島に戻ってマイキャンプ内で雑談。
その後、Pv場へと向かいました。。


Pv場では雑談メインで、たまに1:1で戦いあったりしてました。

そんな時、やられた狸さんの尻尾に何者かが憑依!
謎の寄生生命体SHIPPO
(↑クリックして拡大して見てください;;)
※カタカナで喋っているのが尻尾に憑依(寄生?)した何かです。

この場は、爆竹で火葬して、
しっぽと本体を隔離しましたb

・・・暫くして蘇生したたぬさんが戻ってきます。
火葬して元通り
どうやら尻尾が無くなる事は防げたようで一安心。
また暫くその場で雑談したりじゃれあったりしました・・・。

。。。。。。。。。。

その後、Pv場から移動して、たぬさんのキャンプに移動ノ
しかし、この場所は不味かった・・・。
力を蓄え、機会を窺っていた精神寄生体が再び活動し始めたのです。
のっとったりー!
(※ログだけじゃ分かり難いですが、
  たぬさんと台詞の吹き出しが重なっています。)
しかし、この場は何とか体を乗っ取られることを防ぐことに成功b

体(尻尾)から追い出された寄生体は、
近くにあった豚の丸焼きに取り憑いてしまいます。
豚の怨念1食物連鎖の恐怖
寄生体にとって豚の丸焼きに取り憑いてしまったのは失敗でした。
これにより食物連鎖という大いなる自然界の環に取り込まれてしまいます。



平和が戻ったマイキャンプ内。
訪問者も入れ替わり立ち代りで、人数が減ったり増えたり・・・。
尻尾のことなど忘れて保育の話などしていました。

しかし、平和なんてものは突然終りを告げるものです。
そう、完璧に食されていなかった豚が、また喋り出したのです!
豚の怨念2
私は滅びぬ、何度でも蘇るさ!
が、既に大部分が食べられていたので、
豚の丸焼きに留まっていられず、寄生体は直ぐに消え去りました。
(;人ω= )。o○南無南無



再び平和が訪れ、雑談を続けていきます。

そして時が経ち、一人、二人・・とマイキャンプから姿を消していき、
遂に私とたぬさんの二人だけとなってしましました・・・。

それでも会話を続けていく二人。
しかし、この頼りない狐(私)と二人だけになってしまったのは不味かった。

そう、本当は一人っきりになるのを狙っていた寄生体であったが、
こんな狐の一匹や二匹、どうにでもなるわい!ということで、
再びたぬさんの体を乗っ取り始めたのです・・・!
自滅
何と言うドジっ子。しかもやることがしょぼい。
結局尻尾は自滅し、その後復活する事はありませんでした。
~~旦_(-ω- )
8時間に渡って行われた遠足、お茶会も無事お開きに・・・。
尻尾の脅威は去った。この場にいた誰もがそう思ったことでしょう。

しかし幾度となく蘇った尻尾がそう簡単に滅びるとは思えません。
滅び去ったと思っていた尻尾が再び舞い戻ることも大いに考え得るのです。
それが何時のことになるか分かりませんが、
心の片隅にでも残して置いてくれればと思います。

次はあなたのしっぽが喋り出すかもしれませんから・・・。


(なにこれ('A`))
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 氷夏のトリスタ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。